広尾カルネのスタッフの.吉川由美子.にまつわるブログ [1]です。| 交際クラブ、デートクラブの今をお届けいたします。

交際クラブ広尾カルネ・ロゴイメージ
スタッフブログ

2009年 12月 23日 (Wednesday)

今思えば、ブライダルのプロデュースをしていた数年前の小さな疑問が現在の私へと導くに至ったのだと思います。
小さな疑問、それは天真爛漫にウェディングドレスを選ぶ花嫁様の後ろで、携帯電話を手放せない花婿様の姿。
話をお伺いしているかぎり、休日も忙しいお仕事というわけではない花婿様です。
結婚といえば幸せの絶頂、喜ばしい人生の転換期と思って、色々な方の幸せを紡いでいたつもりでした。
しかし、心の底から喜べないこともあるのでは?という疑問が、その時の私を少しずつ蝕んでいき、その疑問はいつしか確信に変わります。
そう、あの時の花婿様は、自身の結婚をまるで他人事のように傍観し、時間が流れるのを待っているかのようでした。

そもそも結婚とは書類1枚で処理が出来る届出です。
私たちは同じ戸籍に入ります、だから税金などはこちらに請求して下さいね、という国民と税収を管理するためのシステムです。
なんて、夢がないのでしょう。
幸せな二人がそれまで培った時間や思い出などは、その届出には一切記されることはないのです。
それは、幸せなことなのでしょうか?

出会いと一言でいってもそのかたちは様々。
同じ趣味を持つ人に会いたい。
一緒に食事をする人に会いたい。
どこかに一緒に出かけたい。
そこから育まれるものは「友情」であったり「愛情」であったり、推し量ることのできない様々なもののはずです。
もちろん、そこから二人が結婚をし、幸せな生活を営まれることは大変喜ばしいことです。
しかし、結婚相談所は既婚者の利用はできません。
出会い系サイトは犯罪の温床で、今のご時世は危険で利用にためらいが生じます。

ではどうしたら、人々は安全で自由な出会いができるのでしょうか?
そこには先人の知恵があります。
信用できる第三者(広尾カルネ)が間に入り、両者を紡ぐのです。

観念に縛られることなく人生を楽しめる自分を発見すること。
それが私の願いであり、カルネを通じて出会う皆様に切望していることです。
自分の気持ちをあとに置き忘れることなく、また新しい年を皆様とともに過ごしていきたいと思います。

 | top | 
交際クラブコンテンツ
モバイルサイトQRコード

携帯電話からQRコードを読み取ると、いつでも交際クラブ・広尾カルネのモバイルサイトへアクセス出来ます。

広尾カルネ モバイルサイト http://www.t-carnet.com/i/
フッター